警報発表時の対応
ACTIONS IN CASE OF WARNINGS

台風・集中豪雨による警報が発表された場合

  1. 自宅待機の場合
  2. 朝6時から7時の間に,

    ・広島市に「特別警報」が発表されている場合

    広島市に「暴風警報」あるいは「暴風雪警報」のいずれかが発表されている場合

    「可部小学校区」又は「可部南小学校区」に「土砂災害警戒情報警戒レベル4以上」が発表されている場合。

  3. 登校する場合
  4. 上記、1.の状況が,午前11時までに「特別警報」が解除かつ「暴風警報」あるいは「暴風雪警報」のいずれかが解除された場合,土砂災害警戒情報警戒レベル3以下になった場合は,安全に注意しながら登校する。
    (安全確保が第一です。地域による状況の違いもありますので,保護者で判断してください。)

  5. 臨時休校につながる状況
  6. 上記,1.の状況が,午前11時の段階も継続している場合,または学校長が気象状況等を考慮し登校することが危険であると判断した場合は,臨時休校とする。

※留意事項
  1. 警報等が出ていない場合でも局地的に災害が発生している場合,交通機関の不通,道路の崩壊,河川の氾濫等で登校できない,もしくは危険を感じる場合は,自宅待機し,安全が確保できた後に注意しながら登校してください。その場合,
      学年・クラス・出席番号・氏名・登校できない状況等を学校へ必ず連絡してください。
      正当な事由の場合,特別欠席(特別欠課)の扱いとします。 欠席又は欠課の授業については,学力保障の観点から,学力補充を行います。
  2. 授業中に「警報」が発表された場合は,生徒が安全に下校できることを優先して考え,適切な対策を講じます。
  3. 土曜日等,模擬試験実施などについても上記に準じて扱います。
※臨時休校の措置をとった場合
    休校措置に相当する補充を,長期休業等に授業日を振り替えて行います。

全国瞬時警報システム(J アラート)が発信された場合

弾道ミサイルが日本に飛来し緊急に対応すべき事態が生じた場合,全国瞬時警報システム(Jアラート)が使用され,テレビ・ラジオ・スマートフォン等を介して情報が伝達されます。
その際は,校内緊急放送を実施するとともに,下記のように対応することとします。落ち着いて行動してください。

【学校内にいる場合】
  1. 屋内で活動中の場合
  2. 窓から離れたところに避難し,次の指示を待つ。

  3. 屋外で活動中の場合
  4. 至急近くの建物内に入り,窓から離れたところに避難する。
    放送により体育館へ避難する。部活動中においては部活動顧問の指示に従い,建物内に避難する。

【学校外にいる場合】
  1. 屋内で活動中の場合
  2. 窓から離れたところに避難し,危険な状態が解消するまで待機する。

  3. 屋外で活動中の場合
  4. J アラートもしくは市町防災無線等の音声告知放送を聞いた時点で,近くの建物(コンクリート造り等頑丈な建物が望ましい)に避難する。躊躇せず避難し,危険な状態が解消するまでその場に待機する。