教育実習の受入れについて
ABOUT PRACTICAL TRAINING

本校では, 将来高等学校教員を目指す卒業生に対して,規程を定めて教育実習の機会を提供しています。
教育実習については, 一般的には在籍する大学の附属学校若しくはその都道府県内の近隣校において実習校を確保することになっています。しかしながら, 大学側からの要請により,本校での実習を強く希望する卒業生については,本校の教育活動に支障をきたさない, また在籍生徒に一定の教育効果が期待できると判断される場合において受け入れを行います。


1.対象

次のすべてに該当する者

  1. 本校の卒業生である者
  2. 大学の斡旋による実施が困難な者
  3. 広島県教員採用試験を受験する強い意志のある者
  4. 各大学での一定科目を修得し,高等学校当該教科免許状を取得見込の者

2.実習期間

保健体育以外の教科については2週間, 保健体育は3週間とする。
実習開始日は,原則として6月初旬の2週間(3週間)とする。


受け入れを許可された者は広島県教育委員会が定める「教育実習実施取扱要領」に基づき, 実施手続を行う。