広島県立可部高等学校


学校長あいさつ

広島県立可部高等学校のホームページをご覧いただき,誠にありがとうございます。
本校は明治45年(1912年)4月13日に可部町立実科高等女学校として創立され,その後,変遷を経て昭和23年には学制改革により新制高等学校となり,広島県立可部高等学校と改称され,同年,定時制夜間課程が併設されました。 平成20年4月には新校舎に移転し,優れた教育環境のもと平成24年4月13日,記念すべき100周年を迎え現在に至っております。
本校は「誠実・努力・友愛」という校訓のもと,これまでに21,000名を超える優れた人材を輩出してまいりました。これも創立以来,保護者の方や同窓会をはじめ,地域の皆様の支援を受け,多難の時代を乗り越えることができたからこそであり,本校のためにご尽力をいただきました皆様に感謝申し上げます。
これまでの本校の輝かしい伝統を受け継ぐとともにグローバル化が進む社会をたくましく生き抜き,地域社会に貢献できる人材を育成すべく,全教育活動において生徒の主体的な学びを推進しています。また,全日制課程においてはRestudy Planを導入し,基礎学力の定着・向上に努めるとともに,国公立大学や難関私立大学に進学する力を養成するための特別進学クラスを設置したことに加えて進路研究部の活動や補習,個別指導を充実させることにより,より高い進路目標を達成することも可能となりました。 また,インターハイや,世界大会で優勝するなど優れた実績を上げているアーチェリー部を筆頭とする部活動やボランティア活動も活発であり,学校行事も両課程ともに特長を活かした充実した内容となっております。
今後も,全日制課程・定時制課程ともに地域貢献を推進するとともに,創造性や課題解決能力,豊かなコミュニケーション能力を有し,何事にも果敢に挑戦しようとする意欲を持った生徒を育成すべく教職員が一丸となって努める所存です。
今後とも本校に対するご理解・ご支援のほどよろしくお願いいたします。

広島県立可部高等学校 校長  前田 理



全日制課程

本校全日制課程は、校訓「誠実・努力・友愛」の下、長年にわたり地域に密着してきた伝統を受け継ぐとともに、特色ある学校作りを推進しています。また、平成20年4月から、寺山地区へ全面新築移転しました。
「Breakthrough」をスローガンに、本校の歴史と伝統を受け継ぐとともに、時代や社会の変化を柔軟に受け止める、確かな学力と豊かな心を育み、新しい社会の形成者としての人材を育成します。



定時制課程

本校は、昭和23年に可部高等学校に併設され、60年余りの歴史をもつ夜間定時制高校です。平成15年からは単位制となり、卒業に必要な教科・科目等を修得できれば、3年間で卒業することも可能となりました。
また、平成20年4月から寺山地区へ全面新築移転し、2階には定時制専用の4教室が配置されるなど、学習環境も格段と向上しました。この絶好の機会を生かし、良き伝統を受け継ぎながら、確かな学力と豊かな心を育み、新しい社会の形成者としての人材を育成します。

校 訓
誠実 ・ 努力 ・ 友愛

沿 革

明治45年(1912年) 可部町立実科高等女学校設立認可
大正12年(1923年) 安佐郡可部町外八か村組合立可部実科高等女学校と改称
大正15年(1926年) 広島県立可部高等女学校と改称
昭和23年(1948年) 学制改革により広島県立可部高等学校と改称・定時制夜間課程併設
昭和24年(1949年) 広島県可部高等学校と改称・普通科・生活科・商業科の総合高校として発足
昭和30年(1955年) 商業科廃止
昭和38年(1963年) 家庭科廃止に伴い、普通科甲乙となる
昭和43年(1968年) 広島県立可部高等学校と改称
昭和46年(1971年) 全日制普通科甲の募集停止
昭和57年(1982年) 創立70周年記念式典挙行
平成15年(2003年) 現代コミュニケーションコース設置・定時制単位制に移行
平成16年(2004年) ニュージーランド Middleton Grange School と友好提携
平成20年(2008年) 寺山地区新校舎に全面移転
平成24年(2012年) 創立100周年記念式典挙行

学校要覧
本校の教育計画や経営計画の概要等をまとめています。

download

photo gallery

アクセス

バス

広島バスセンターから可部中央バス停まで 約40分  → 可部中央バス停から徒歩 約15分

電車(JR可部線)

広島駅から可部駅まで 約40分  → 可部駅から徒歩 約15分

自動車

山陽道・広島ICから 約20分 /広島道・広島北ICから 約15分